Home > スポンサー広告 > #002「108の展示物」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://kobe108.blog14.fc2.com/tb.php/465-8c8a9462
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 神戸108HPは移転しました

Home > スポンサー広告 > #002「108の展示物」

Home > 108ファンダメンタル > #002「108の展示物」

#002「108の展示物」

"108FUNDAMENTALS"
は、108オーナー兼PA兼ミュージシャンとしての私ino3の体験を下に綴る四方山ブログ。
普段は伝えられない情報や経験談など、こちらのほうに書き残していく予定です。
先ずは、108回連載を目指してがんばります。


#002「108の展示物」

普段は暗幕に隠れていますが、楽屋への秘密通路の壁には2×4メートルの大きな書道作品があります。
現在は関東のほうで活躍しておられる書道家、田中象雨さんとコラボしたライブで生まれた作品で、チルラウンジにもまた別の回の作品を飾らせてもらっています(邂逅)。

大作品の方は、「自らを涜してきたる手でまわす顕微鏡下に花粉はわかし」で始まる寺山修司作品の一部抜粋的な内容になっています。おそらく。
上の句などは当時、前衛短歌と呼ばれてたみたいですが、尖っていると言う意味では時代が変われどその切っ先は(象雨さんの筆跡と相まって)現代も鈍ってはないと思えます。
幕を掛けているのは作品が無為に汚れないようにと言う意味合いもありますが、鋭角なので場面を選ぶ形になってしまっていて、個人的には少し悔しかったりしてるんですが、まあそのくらいのパワーがあるということです。
これを機に露出頻度を上げていきたいですね。


そして、カウンターからチルラウンジに入ってすぐの壁には、写真家 片岡冬樹くんのパンク写真集から108で撮影されたものをピックアップしてパネル展示しています。
こちらも同じく鋭いものですが常設です。
写真と書の違いなのか、単にステージからの距離感かな。
そのあたりは自分の感性や閃きを基準にしているのであまり追求するのはよします(笑)。

こちらのチルにはもう一人、108では色々とお世話になっている写真家 寺川まさひろくんの撮影したライブ写真も飾らせてもらっています。
真ん中に立っている円柱に貼ってあるやつですね。
こちらもまた違ったタッチで素晴らしい作品達です。


僕自身、昔は絵描きになりたかったので、このような作品達にいつも触れられているのはとてもうれしいことです。
全部この場所で生まれたものでもありますしね。
今ではたまにデザインの仕事を頂くくらいですが、作品作りや構想は大体この場所から生まれてきます。
人によりけりやと思いますが、工場とか廃墟とかって楽しいじゃないですか。
それって、ドキドキわくわくと同時に創造欲を刺激されてるんじゃないのかなと思うんです。

いろんな人が訪れる店である以上、限度はあると思いますが、創造欲は誰しも持っているもの。
ライブハウスに来られる方々は特に。
と思っているので、ごちゃごちゃしてるかもしれませんが、やっぱり刺激のある空間作りはこれからもやって行きたいところですね。



書道家 田中象雨 http://www.38tanaka.com/
片岡冬樹写真集「PHOTO AND DESTROY」 http://www.studs.jp/PAD/PAD.html
Masahiro Terakawa "M's Photography" http://www.ms-pix.com/

関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://kobe108.blog14.fc2.com/tb.php/465-8c8a9462
Listed below are links to weblogs that reference
#002「108の展示物」 from 神戸108HPは移転しました

Home > 108ファンダメンタル > #002「108の展示物」

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。